デパスの効果と服用の注意点 - 個人輸入でエチラーム(デパスジェネリック)を購入する

デパスの効果と服用の注意点

デパスは、精神安定薬の一種で、抗不安作用を目的として用いられています。
非常に人気も高くメジャーな薬のため、処方された経験のある方も多いのではないでしょうか。

デパスの効果は抗不安作用だけじゃない。筋弛緩や睡眠導入剤としても

デパスには、不安感を改善したり、筋弛緩作用により体をリラックスさせる効果があるとされています。
そのため、神経症やうつ病の方の治療薬として精神科や心療内科で処方されることが多いでしょう。

また、精神的な疾患だけでなく、他の疾患による心身の不調にも使用されることもあります。
筋弛緩作用は整形外科などでもよく処方される薬なのです。

さらに、催眠作用があるため、不安感から眠れない方にも睡眠導入剤としての効果があると言われています。

同様に、デパスジェネリックであるエチラームでも同等の効果が期待できると考えられます。

このようにさまざまな効果が期待されているため、精神科や心療内科に通う患者が服用する機会の最も多い薬の一種だと言って良いでしょう。

デパスは効果が強い分、服用には注意を

デパスが作用する時間は、他の薬と比較して短く6時間程度ですが、その効果は強めだと医師も述べています。
気持ちの落ち込みの他に、身体症状を感じている患者にとっては、総合的な効果が期待できると考えられています。
ただし、効果が強い反面、他の疾患を理由として使用できない場合や、厳しい使用上の注意点もあるので、十分に理解してから服用しましょう。

まず、副作用には、脱力感や血圧の変動、発熱などがあげられます。
体に強い変化を感じた場合、服用を中止して医療機関を受診しましょう。

服用を避けるのは、重症筋無力症や急性狭隅緑内障の治療を受けている方です。
さらに医師に相談しながらデパスを服用するのは、新機能・肝機能・腎機能に障害がある場合や、脳の器質的障害、中等度から重い呼吸障害のある方、そして小児や高齢者などが該当します。

また、デパスを飲むことで眠気や注意散漫な状態が起こりやすくなることも指摘されています。
そのため、車の運転等危険をともなう行動は避けるように注意喚起されています。

さらに、アルコールの摂取によってデパスの作用が強く出ることから、飲酒も禁止されています。

以上の注意点を守って使用することが望まれます。

最後に、デパスはその依存性の高さにも注意が必要です。
急にデパスの服用を中止するとけいれんなどの症状が起こる可能性もあると言われます。
デパスを服用する際には、医師と相談しながら投薬中止に向けた計画を立てることも必要です。
同じく、デパスジェネリックであるエチラームを服用する際にもこうした注意点はしっかりと確認しておくようにしましょう。

top