非ベンゾジアゼピン系のエスゾピクロン、デパスとはどう違う? - 個人輸入でエチラーム(デパスジェネリック)を購入する

非ベンゾジアゼピン系のエスゾピクロン、デパスとはどう違う?

抗不安薬には、ベンゾジアゼピン系に分類されるものと非ベンゾジアゼピン系に分類されるものとに分けられます。
ここでは非ベンゾジアゼピン系のエスゾピクロンを例にとってその違いを見てみましょう。

ベンゾジアゼピン系であるデパスより副作用が少ない

ベンゾジアゼピン系であるデパスなどには、睡眠を促す作用をはじめ、不安や緊張をやわらげる作用、筋緊張をおさえる作用などがあります。
しかし、これらの作用は適切に使われなかったり作用が強すぎたりすると「副作用」となってしまい、ふらつきや転倒、健忘(物忘れ)の原因にもなっていました。

そこで、抗不安作用や筋肉に対する影響をなるべくおさえ副作用があらわれにくく改良されて誕生したのが、非ベンゾジアゼピン系のお薬なのです。
エスゾピクロンとは、前から発売されていたアモバンの作用のうち、こうした副作用につながりやすい作用を取り除いたお薬で、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。
アモバンの“副作用を抑えた改良版の睡眠薬”のようなイメージと言えるかもしれません。

デパスと比較しエスゾピクロンの効果は弱い?

エスゾピクロンは、統合失調症や躁うつ病に伴って起こる不眠症をはじめ、全ての不眠症に使用が可能で、1.0~1.5時間程度で血液中の薬物濃度がピークに達します。
ですから、1時間もあれば睡眠作用を発揮するようになり、入眠障害を改善することができる画期的なお薬でした。
しかも、半減期は約5時間ですから、朝起きる頃に薬の効果が切れかかっているちょうど良い作用の長さをもった薬となっていました。
薬のなかでも、超短時間型の睡眠導入剤ですし、半減期のちょうどよさから自然に近い眠りを提供してくれるようです。

しかし、デパスなどのベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比較して副作用が少ない分、肝心の睡眠効果もそれほど強くはないとも言われています。
また、睡眠以外の面でも、抗不安作用もおさえられてしまっているので、不安や緊張感から寝付けない、眠りが浅いという方にとっては難点かもしれません。

通販での購入でより手軽でリーズナブルに

デパスやエスゾピクロンなどのこうした睡眠薬は、通販で購入するとやはり手軽で便利です。
どうしても、なかなか仕事を休んでまで病院に行くことが難しいと、体が辛くなるのを我慢するだけでしたが、こんなに気軽にしかも安価なものが手に入るなら、わざわざ病院に行って入手している人に是非試してもらいたいくらいです。
人によっては、副作用として翌朝に眠気やめまい、けん怠感や脱力感などが残ってしまったり、高齢の人は、めまいやふらつきによる転倒に必要ですが、アモバンなどを使用したことがある方には本当におすすめです。

top